ひねもす通信Ⅱ

季樹歳彩(きぎさいさい)も見てね

烏帽子岳Ⅰ

7月22日、湯の丸高原烏帽子岳に向かいます…

f:id:notahiro:20180715151511j:plain

叢生して芽生えたカラマツも、新しい枝を伸ばしています…

f:id:notahiro:20180715151723j:plain

キャンプ場のウツボグサ…

f:id:notahiro:20180715151858j:plain

アヤメ咲く臼窪湿原からの湯の丸山…

f:id:notahiro:20180715152015j:plain

多くのアヤメ。人より虫に気づいてもらえばいいわけで…

f:id:notahiro:20180715152413j:plain

ニッコウキスゲも咲いています…

f:id:notahiro:20180715152514j:plain

樹林に入るとマルバノイチヤクソウのつぼみ…

f:id:notahiro:20180715152609j:plain

これはゼンマイ?

f:id:notahiro:20180715152744j:plain

ここは古い火山。植生に覆われても、岩の重なる様子は分かる…

f:id:notahiro:20180715152919j:plain

ヤナギランのつぼみ…

f:id:notahiro:20180715152949j:plain

下のつぼみはほころび始め…

f:id:notahiro:20180715153114j:plain

このつぼみは何だろう…

f:id:notahiro:20180715153155j:plain

装飾花が出ていて、これはノリウツギ

f:id:notahiro:20180715153323j:plain

ミヤマイボタ。キンモクセイライラックレンギョウ等と同じモクセイ科…

f:id:notahiro:20180715153951j:plain

これはシモツケ

f:id:notahiro:20180715154035j:plain

これはキバナノヤマオダマキ

f:id:notahiro:20180715154111j:plain

距が茶色いのでヤマオダマキとの遷移型…

f:id:notahiro:20180715154505j:plain

オミナエシ。もうすぐ咲きそうなつぼみ…

f:id:notahiro:20180715154651j:plain

これはオトギリソウ…

f:id:notahiro:20180715154815j:plain

そして、咲き始めたクガイソウには虫たちが集まる…

2003年の撮影です。18年続けている紙媒体の『ひねもす通信』から、今の季節の記事を再編集して作っています。掲載できなかった写真も新たに載せているので、是非見て楽しんでいただければと思っています…

六合村

7月19日、野反湖から里へ。六合(くに)村。今は中之条町

f:id:notahiro:20180711123918j:plain

山あいの小さな村。でも長い歴史。古くから人々が住んでいたようです…

f:id:notahiro:20180711124418j:plain

道祖神も多くあります…

f:id:notahiro:20180711125354j:plain

その姿や表情に反応してしまいそう…

f:id:notahiro:20180711130139j:plain

しだれ栗を見に行きます…

f:id:notahiro:20180711130328j:plain

雄花を落とし、若い実をつける頃…

f:id:notahiro:20180711130503j:plain

柳や桜ではなく、枝垂れる栗…

f:id:notahiro:20180711130638j:plain

推定樹齢250年。幹には地衣類。根元にはシダや草…

f:id:notahiro:20180711130840j:plain

空洞になった幹がねじれるように伸びています…

f:id:notahiro:20180711131055j:plain

南下すると国道沿いの龍沢寺に大きな杉…

f:id:notahiro:20180711131247j:plain

妙全杉。境内への石段を登り、その全景を捉えます…

f:id:notahiro:20180711131432j:plain

境内でも少し撮影…

f:id:notahiro:20180711131544j:plain

手を合わせ、花咲く境内を散策…

f:id:notahiro:20180711131745j:plain

また同じ石段を下ります…

f:id:notahiro:20180711131904j:plain

ジャノヒゲが咲いています…

f:id:notahiro:20180711131958j:plain

見上げる妙全杉…

f:id:notahiro:20180711132149j:plain

根元に力強さは感じないけど、何百年も生きている…

2003年の撮影です。群馬県北西部に位置する旧六合村は小さな村。でも魅力たっぷり。野反湖、白砂山、芳ヶ平、チャツボミゴケの穴地獄、世立八滝、しだれ栗、道祖神若山牧水ゆかりの暮坂峠、尻焼温泉などの多くの温泉…。この時の撮影は以上ですが、ほかの場所も見て来ているので、いずれ紹介できると思います…

八間山

7月19日、野反湖から八間山へ。小雨。あまり風はなく、傘を差して…

f:id:notahiro:20180705162130j:plain

コマクサが咲いています…

f:id:notahiro:20180705162305j:plain

次はシモツケ。1時間ほどで登れる山。雨の散歩…

f:id:notahiro:20180705162516j:plain

これはたぶんシダ。ミヤマヒカゲノカズラ?違うかなぁ…

f:id:notahiro:20180705162650j:plain

コケモモの実は赤くなってきています。ノギランも見えます…

f:id:notahiro:20180705162918j:plain

笹に負けずにオオシラビソ?は樹林を造れるでしょうか…

f:id:notahiro:20180705163227j:plain

道沿いにヤハズハンノキ?笹優勢は変わらなくても、さまざまな植物…

f:id:notahiro:20180705163902j:plain

若葉の葉裏を見せるアズマシャクナゲ

f:id:notahiro:20180705164121j:plain

こちらは成長して、葉緑素を増やしたということか…

f:id:notahiro:20180705164326j:plain

これはジョウシュウオニアザミ

f:id:notahiro:20180705164544j:plain

雨も悪くないかな…

f:id:notahiro:20180705164712j:plain

これは、ノアザミ

f:id:notahiro:20180705165140j:plain

雨に濡れるレンゲツツジの葉…

f:id:notahiro:20180705165243j:plain

クロマメノキは花が終わったばかり。まだ実をつけていない…

f:id:notahiro:20180705165437j:plain

リョウブはつぼみ…

f:id:notahiro:20180705165532j:plain

ウスユキソウ。標高1935mの山頂。今日は展望はない…

f:id:notahiro:20180705165848j:plain

イブキゼリモドキ?花が咲きそう…

f:id:notahiro:20180705170031j:plain

ツリガネニンジンはつぼみ…

f:id:notahiro:20180705170107j:plain

ヤマブキショウマ。車に戻り、山を下ります…

2003年の撮影です。野反湖周辺は比較的静かな観光地。白砂山へは登り4時間半。秋山郷志賀高原にも行ける道はあるのですが、私は歩いていません。長い道のり。車に戻ることを考えると、ちょっと無理。でも湖畔周辺や、八間山のほかエビ山や高沢山など、歩き回る場所はそれなりにあります…

野反湖

7月18日、野反湖に登っていくと、雨になってしまいました…

f:id:notahiro:20180702173208j:plain弱い雨の中、ニッコウキスゲが咲き始めています…

f:id:notahiro:20180702173343j:plain

これはイブキトラノオ

f:id:notahiro:20180702173517j:plain

傘を差して歩道をめぐり、花を撮ります…

f:id:notahiro:20180702173759j:plain

観光客もいます。名前を聞かれてハクサンフウロと答えます。ぴんとこない?ゼラニウムの仲間。納得。元々日本にあったのは、ハクサンフウロの方なんだけど…

f:id:notahiro:20180702174603j:plain

これはホソバノキソチドリ。地味だけどランの仲間…

f:id:notahiro:20180702174804j:plain

こちらはノギラン。でもユリの仲間…

f:id:notahiro:20180702174923j:plain

ハナショウブハナショウブの元なのに、名前は逆転している感じ…

f:id:notahiro:20180702175352j:plain

結構咲いているのに、あまりうまく撮れない…

f:id:notahiro:20180702175500j:plain

咲きそうなのはハコネギクか…

f:id:notahiro:20180702175559j:plain

花の終わったショウジョウバカマ

f:id:notahiro:20180702175706j:plain

こちらはノアザミ

f:id:notahiro:20180702175800j:plain

ニッコウキスゲのつぼみ。雨の日は雨を生かして…

2003年の撮影です。なかなか明けない梅雨の印象は強いのに、今年はあっさり梅雨明け。でもこの時季の写真のストックは梅雨の写真。ところで、調べてみると尾瀬ヶ原も三条ノ滝も去年アップしていて、我ながらびっくり。当てにならない自分の記憶にショックを受けています。やばいかなぁ。失礼しました…

田代山

7月1日、駒止湿原から南へ。田代山に向かいます…

f:id:notahiro:20180626141509j:plain

ここもワタスゲが見頃…

f:id:notahiro:20180626141646j:plain

地塘が点在する山の上の湿原…

f:id:notahiro:20180626141900j:plain

チングルマも咲いています…

f:id:notahiro:20180626141935j:plain

梅雨。でも何とか晴れ。残雪の山が霞んでいます…

f:id:notahiro:20180626142231j:plain

被写体はワタスゲばかり…

f:id:notahiro:20180626142342j:plain

でもきれいです…

f:id:notahiro:20180626142431j:plain

田代山山頂を踏み、福島・栃木県境稜線を辿り、帝釈山に向かいます…

f:id:notahiro:20180626142948j:plain

標高2060m、二百名山帝釈山。でも撮ったのはオサバグサくらい…

f:id:notahiro:20180626143335j:plain

湿原に戻ると、時折霧が去来します…

f:id:notahiro:20180626143458j:plain

のんびり木道を行きます…

f:id:notahiro:20180626143637j:plain

最後に撮ったのはヒメシャクナゲモウセンゴケも写っています…

1996年の撮影です。翌日は日光連山の太郎山に登っています。でもほとんど何も撮っていません。フィルムを使っていた頃。今ならまず考えられません。デジカメの気安さ。とりあえず撮る。それが集中力を欠いた安易な撮影になったりもするんですよねぇ…

駒止湿原

6月30日、磐梯山の西の雄国沼へ…

f:id:notahiro:20180624103806j:plainニッコウキスゲがたくさん咲いています…

f:id:notahiro:20180624103901j:plain

でも手前に花は少なくて、やがて霧に包まれます…

f:id:notahiro:20180624104127j:plain

7月1日は南下して駒止(こまど)湿原へ。見事なワタスゲ

f:id:notahiro:20180624104403j:plain

意外に奥行きがあります。でもあまり景色は変わりません…

f:id:notahiro:20180624104517j:plain

シダの若葉がきれい…

f:id:notahiro:20180624104631j:plain

湿原にレンゲツツジが侵入して、花を咲かせています…

f:id:notahiro:20180624104914j:plain

まだ春のような風景…

1996年の撮影です。駒止湿原は少し前に豪雨災害で道が寸断されて、入れなくなっていました。まだ入れないままか。意外に広いのですが、ちょっと単調なイメージ。でもしばらく行っていないので、遠い記憶です。なお、前回の小松原湿原は去年アップしたのを、すっかり失念していました。失礼しました…

小松原湿原

6月25日、苗場山の北の小松原湿原に向かいます…

f:id:notahiro:20180618143258j:plain

林道から登山道へ。大量の雪が残っています…

f:id:notahiro:20180618143509j:plain

ブナの林…

f:id:notahiro:20180618143624j:plain

その根元から地面が現れます…

f:id:notahiro:20180618143753j:plain

ショウジョウバカマが咲いています…

f:id:notahiro:20180618143846j:plain

タケシマランも地味な花をぶら下げています…

f:id:notahiro:20180618144035j:plain

最初の湿原で見たワタスゲ

f:id:notahiro:20180618144117j:plain

まだ花。綿毛になっていません…

f:id:notahiro:20180618144224j:plain

少し白いのは綿毛になりかけか。イワカガミも咲いています…

f:id:notahiro:20180618144404j:plain

ワタスゲ。地塘。でもまだちょっと淋しい景色…

f:id:notahiro:20180618144651j:plain

コバイケイソウも若葉…

f:id:notahiro:20180618144751j:plain

大きな図体で、身を寄せて…

f:id:notahiro:20180618144911j:plain

林道まで下りて撮ったノビネチドリ…

2006年の撮影です。多くの残雪。歩みの遅い季節。でも元々豪雪地帯。初めてだったので、例年を知りません。その後秋に1度行っていますが、それだけ。この時はブナがたくさん種から芽吹いていたのですが、写真を撮っていません。また出かけて行ったら、同じような景色に出会えるでしょうか…