ひねもす通信Ⅱ

季樹歳彩(きぎさいさい)も見てね

鳥海山

秋田駒ヶ岳に登った次の日の10月20日は鳥海山。矢島口から登ります。

f:id:notahiro:20171017132925j:plainすぐに湿原。木道を行きます。山には雲。その下、ちょっと白い…

f:id:notahiro:20171017133128j:plain

その先にも小さな湿原。池塘。草は枯れて…

f:id:notahiro:20171017133328j:plain

火山起源の岩。褶曲。折り曲げられたようなしわ。強い力が加わってる…

f:id:notahiro:20171017133733j:plain

えぐれて続く谷。断層?日陰は凍ってる…

f:id:notahiro:20171017134010j:plain

稜線が見えてきます。雲は取れています。

f:id:notahiro:20171017134340j:plain

上部斜面は白くなって…

f:id:notahiro:20171017134657j:plain

樹氷になっています。これは木じゃないから、霧氷。

f:id:notahiro:20171017134913j:plain

稜線へ。外輪山の最高点、七高山。右は新山。鳥海山の最高峰です。

f:id:notahiro:20171017135248j:plain

新山は中央火口丘。ギザギザ。冷えて固まる前の噴火の様子を想像すると…

f:id:notahiro:20171017135754j:plain

北に開いた外輪山。その奥には海岸線、日本海、水平線…

f:id:notahiro:20171017140050j:plain

部分的に発達した霧氷。風上に向かって発達します。下から吹き上げてる…

f:id:notahiro:20171017140405j:plain

通称エビの尻尾。吹き上げる風が外輪山の内壁に霧氷を作っています。

f:id:notahiro:20171017140737j:plain

外輪山の稜線を行く登山者。

f:id:notahiro:20171017140931j:plain

大きな溶岩の塊、新山。標高2236m。日は傾いて…。急いで元の道を戻ります。

f:id:notahiro:20171017141144j:plain

下りると日は暮れて…。三日月が空に…

2001年の撮影です。紙媒体『ひねもす通信』の記事を再構成して作っています。小諸に住み始めたのが1992年10月。撮り溜めた浅間山の写真を『浅間山物語』として『ひねもす通信』の中で記事にしました。それを新たなブログ『浅間山物語』として作り始めました。是非そちらもご覧ください。

秋田駒ヶ岳

10月19日、裏磐梯中津川の翌日の朝は田沢湖

f:id:notahiro:20171014140436j:plain

雲は多いものの晴れ。目指す秋田駒ヶ岳に雲がついているのが気になります。

f:id:notahiro:20171014141706j:plain

車で8合目へ。あっさり最高峰の女目岳へ。斜面をくねる車道が見えます。

f:id:notahiro:20171014142104j:plain

阿弥陀池に戻り、見上げる稜線北斜面には樹氷

f:id:notahiro:20171014142013j:plain

そこを登り、いくつもあるピークのひとつ横岳へ。田沢湖の水面が輝きます。

f:id:notahiro:20171014143017j:plain

次は北への稜線を辿り湯森山へ。岩手山、笊森山、乳頭山…

f:id:notahiro:20171014143446j:plain

振り向けば標高1637mの女目岳や横岳。秋田駒ヶ岳の姿…

f:id:notahiro:20171014143802j:plain

独特の姿を見せる岩手山

f:id:notahiro:20171014143855j:plain

温泉の方が有名。烏帽子岳とも呼ばれる乳頭山…

f:id:notahiro:20171014144139j:plain

笹森山へ。田沢湖に光が注ぎます。

f:id:notahiro:20171014144328j:plain

暮れ行く山を周回して駐車場へ。これは湯森山…

f:id:notahiro:20171014152927j:plain

こっちは笹森山…

f:id:notahiro:20171014152907j:plain

山陰に日は沈みます。

2001年の撮影です。紙媒体『ひねもす通信』では取り上げませんでした。この頃までに撮り溜めた浅間山やその周辺の写真を『浅間山物語』として『ひねもす通信』の中で紹介しました。その後写真集として編集し直したものの、出版には至りませんでした。新たにブログ『浅間山物語』として作り始めました。是非そちらもご覧ください。

裏磐梯ー中津川

10月18日、磐梯山の東側を回って裏磐梯へ。秋元湖を通ってその奥へ…

f:id:notahiro:20171009100111j:plain

車を停め、林道を行きます。最初に撮ったのはこんな1枚…

f:id:notahiro:20171009100443j:plain

中津川渓谷。岩がきれいです。

f:id:notahiro:20171009100634j:plain

節理の入った岩が、雨や流れに洗われて、少し角が取れています。

f:id:notahiro:20171009101116j:plain

きれいな流れが落ち葉を運びます。

f:id:notahiro:20171009101222j:plain

2000m級の吾妻連峰からの流れ…

f:id:notahiro:20171009101603j:plain

カメラを向けるたびに、ファインダーがきれいな絵を捉えます。

f:id:notahiro:20171009102529j:plain

もう少し奥へ行ってみましょう。

f:id:notahiro:20171009102632j:plain

紅葉もきれいです。

f:id:notahiro:20171009102755j:plain

同じ岩がずっと続いています。

f:id:notahiro:20171009102905j:plain

日が傾いています。

f:id:notahiro:20171009103010j:plain

そろそろ戻りましょう。

f:id:notahiro:20171009103106j:plain

独創的な色使い…

f:id:notahiro:20171009103452j:plain

黄葉も美しい…

f:id:notahiro:20171009103631j:plain

空が今日の終わりの迫っていることを告げています。

f:id:notahiro:20171009103808j:plain

もう少し粘って…

f:id:notahiro:20171009104044j:plain

秋元湖畔まで戻ってみると、…暮れ行く磐梯山

2001年の撮影です。紙媒体『ひねもす通信』の初期のものから、これからの季節のものを選んで、ブログ用に再構成して作っています。

袈裟丸山

百名山・袈裟丸山は百名山日光白根山、皇海(すかい)山から南へ続く栃木・群馬県境の尾根上にあります。

f:id:notahiro:20171004084641j:plain

奥に見えるのは前袈裟辺りでしょうか。

f:id:notahiro:20171004093919j:plain

10月12日、所々いい色に変わってきています。

f:id:notahiro:20171004094106j:plain

赤く色付いているのはアブラツツジのようです。

f:id:notahiro:20171004094218j:plain

すっかり葉をかじられていて、…鹿の食害でしょうか。

f:id:notahiro:20171004094415j:plain

赤くはなっているものの、いい写真にはなりません。

f:id:notahiro:20171004094533j:plain

後袈裟、中袈裟、奥袈裟と稜線は続く…

f:id:notahiro:20171004094833j:plain

小さな避難小屋。

f:id:notahiro:20171004094938j:plain

葉を落とした木々も多くなってきました。

f:id:notahiro:20171004095225j:plain

前袈裟を越えて後袈裟へ。日帰りなので今日はここまで。

f:id:notahiro:20171004095518j:plain

笹の葉も食べられています。

f:id:notahiro:20171004095630j:plain

こちらを窺う鹿。…遠過ぎる。

f:id:notahiro:20171004095858j:plain

霞む黄葉。

f:id:notahiro:20171004100029j:plain

またアブラツツジを撮って、車に戻ります。

2001年の撮影です。意外と山深くて時間がかかった印象があります。寝釈迦が有名ですが、別コースで見ていません。

八海山

10月8日、越後三山のひとつ、八海山に向かいます。

f:id:notahiro:20170928083337j:plain

屏風道から取り付くと、突き上げるような斜面の上に稜線があります。

f:id:notahiro:20170928083818j:plain

しばらく進むと清滝が見えてきます。

f:id:notahiro:20170928084009j:plain

標高差約800mのまさに直登。断崖を間近に見ます。

f:id:notahiro:20170928084448j:plain

大滝はよく見えませんが、沢すべてが滝のようです。

f:id:notahiro:20170928084648j:plain

7合目のノゾキの松。よく色づいた葉も多くなってきました。

f:id:notahiro:20170928084848j:plain

遥かに見上げた稜線が近づいています。

f:id:notahiro:20170928085059j:plain

背後に見えるのは巻機(まきはた)山のようです。

f:id:notahiro:20170928085352j:plain

やっと稜線。大日岳の雪に磨かれた岩肌が印象的です。

f:id:notahiro:20170928085923j:plain

迂回路を通り、入道岳に向かいます。中ノ岳が見えています。

f:id:notahiro:20170928090241j:plain

標高1778m、入道岳。八海山の最高峰に到着。支尾根を飾る紅葉…

f:id:notahiro:20170928090544j:plain

中ノ岳の北に連なる魚沼(越後)駒ヶ岳

f:id:notahiro:20170928090807j:plain

歩いてきた稜線はギザギザの八ッ峰に連なり、奥には魚沼の地が霞みます。

f:id:notahiro:20170928091702j:plain

少し戻って新開道を下ります。振り向けば八ッ峰。

f:id:notahiro:20170928091935j:plain

今頃青空か…

2001年の撮影です。17年続けている紙媒体の『ひねもす通信』の初期の記事から、これからの季節のものを選んで、ブログ用に再構成して作っています。

燕岳Ⅲ

9月25日、燕(つばくろ)岳が朝日に映えます。

f:id:notahiro:20170923071323j:plain

今日は下山。テントを撤収して風化した花崗岩の間を縫って行きます。

f:id:notahiro:20170923071633j:plain

槍ヶ岳がすっきり見えます。

f:id:notahiro:20170923072320j:plain

大天井(おてんしょう)岳も…

f:id:notahiro:20170923072531j:plain

燕岳を超えて北燕岳へ。北に連なる山々。彼方に西頸城山塊…

f:id:notahiro:20170923073148j:plain

紅葉したクロマメノキ。ハイマツ。彼方には浅間山

f:id:notahiro:20170923073428j:plain

3日間、晴れが続いて裏銀座コースの山々もよく見えています。

f:id:notahiro:20170923073625j:plain

まだ槍穂高連峰も見えます。

f:id:notahiro:20170923073802j:plain

光線はフラットですが、上空にはいい雲が現れます。

f:id:notahiro:20170923074123j:plain

越えてきて、振り返って見る北燕岳。槍ヶ岳

f:id:notahiro:20170923074451j:plain

下りるのがもったいない。でも餓鬼岳方面へ…

f:id:notahiro:20170923074952j:plain

東沢乗越へ向かうとチングルマは綿毛。葉も紅葉して…

f:id:notahiro:20170923075134j:plain

振り仰ぐ斜面は秋めいてはきているものの…。中房温泉へ下りて行きます。

2001年の撮影です。現在の活動は紙媒体『ひねもす通信』で有料配信中。年会費4000円。税、送料込み。A4版1枚を1部として年間40部。4回に分けて送信。現在17年目。興味のある方はコメント欄でメールアドレスを教えてください。なお体調は急速に回復してほぼ復調。ただまだ不安はあるので、食事・休養などに細心の注意を払って56歳の体を試運転中です。

燕岳Ⅱ

9月24日、標高2763mの燕(つばくろ)岳山頂で日の出を待ちます…

f:id:notahiro:20170922083652j:plain

東の空が明るくなります。

f:id:notahiro:20170922083910j:plain

わずかに噴煙を上げる浅間山の辺りが一番明るい…

f:id:notahiro:20170922084021j:plain

小諸在住の私にとって浅間山はもっとも身近な山…

f:id:notahiro:20170922084434j:plain

焼山、火打山妙高山…。志賀高原。左手のスカイライン

f:id:notahiro:20170922085039j:plain

やがて日の出…

f:id:notahiro:20170922085315j:plain

浅間山から日が昇ります。

f:id:notahiro:20170922085549j:plain

朝日を浴びる槍穂高連峰

f:id:notahiro:20170922085710j:plain

常念岳、大天井(おてんしょう)岳…

f:id:notahiro:20170922090243j:plain

蜃気楼で変形した山々も、元々の姿でよく見えています。

f:id:notahiro:20170922090539j:plain

大町?谷底に張り付く雲…

f:id:notahiro:20170922091446j:plain

朝日を浴びる北燕岳に向かいます。

f:id:notahiro:20170922091807j:plain

北燕岳からの槍穂高連峰

f:id:notahiro:20170922092028j:plain

西鎌尾根の上に姿を見せる笠ヶ岳

f:id:notahiro:20170922092439j:plain

深く沈む高瀬渓谷。硫黄尾根。湯俣の谷…

f:id:notahiro:20170922092953j:plain

わずかの間に日は昇り…

f:id:notahiro:20170922093108j:plain

強い光で山は霞みます。

f:id:notahiro:20170922093404j:plain

立山連峰も見えています。

f:id:notahiro:20170922093602j:plain

後立山連峰も…

f:id:notahiro:20170922093747j:plain

戻って風化の進んだ花崗岩を撮ります。

f:id:notahiro:20170922093840j:plain

燕岳の象徴…。そしてそれが北アルプスの明るさ…

f:id:notahiro:20170922094058j:plain

テントに戻って食事。準備を整えて大天井岳に向かいます。

f:id:notahiro:20170922094820j:plain

標高2922mの大天井岳から槍穂高連峰

f:id:notahiro:20170922095000j:plain

穂高連峰

f:id:notahiro:20170922095321j:plain

コケモモの実が色づいています。

f:id:notahiro:20170922095420j:plain

クロマメノキは紅葉…

f:id:notahiro:20170922095524j:plain

でも斜面の木はまだ緑が多いようです。

2001年の撮影です。私の体の方は順調に回復しています。3週間以上も寝込んでいたのが嘘のよう。遅れを取り戻さなければなりません。でもまた失敗するのは怖いので、慎重かつ合理的に…。難題です。