ひねもす通信Ⅱ

季樹歳彩(きぎさいさい)も見てね

宝永山

9月25日、須走にある東口本宮富士浅間神社を訪ねます…

f:id:notahiro:20200923140107j:plain

イワシャジンが咲いています。初めて見る花。植栽となるのでしょうが、元々この辺りにあったものかもしれません…

f:id:notahiro:20200923140916j:plain

新5合目の登山口から宝永山に向かいます。第2宝永火口と宝永火口の間を進みます。さらに下には第3宝永火口。間近に見る噴火口はやはり巨大です。宝永4年の山腹噴火。1707年なので300年ほど前のことです。宝永火口の底から馬の背へ。馬蹄形に開いた東側の稜線。その先端に張り出したピークが宝永山と呼ばれています。馬の背に出るとすごい風。戻るように稜線を辿り宝永山へ。標高2693m。山頂の杭に体を預けて撮影します。経験したことのない強風です。馬の背の分岐に戻ります。ところが風で進めません。風上に体を倒し、一歩ずつ。…そのままの姿勢で足が滑り出します。思わずへたり込むようにしゃがみます。呼吸も出来ないような風で下を向くと、地面の小石が飛んで行きます。私という障害物に当たった風は左右に逃げ、その部分でさらに威力を増しています。これは富士山でも同じ。富士山に当たった西風は北と南に分かれ、その部分で威力を増して吹き付けます。その風とまともに受けています。見ると下に道が見えます。分岐に戻るのを諦め、風に舞うように斜面を下ります。風は弱まり、道に戻り、ひと心地。第2宝永火口の縁を散策して、別ルートで車に戻ります…

2008年の撮影です。300年ほど前の噴火の痕跡。見たかったものです。そして富士山の強風も経験することになりました…

冠着山Ⅲ

9月22日、標高1252mの冠着山。庭なら抜いてしまうような雑草…

f:id:notahiro:20200913105922j:plain

ゲンノショウコフウロソウ科ゼラニウムの仲間…

f:id:notahiro:20200913110425j:plain

ナンブアザミでしょうか…

f:id:notahiro:20200913110511j:plain

アザミも種類が多くて迷います…

f:id:notahiro:20200913110837j:plain

これはノコンギクでしょうか…

f:id:notahiro:20200913110957j:plain

実をつけているのはオオツルイタドリ?

f:id:notahiro:20200913111101j:plain

別の道を少し下りると、藪のように小さな花がたくさん…

f:id:notahiro:20200913111229j:plain

これはカメバヒキオコシ…

f:id:notahiro:20200913111510j:plain

藪に埋もれた展望所からは坂城方面、東側が開けています…

f:id:notahiro:20200913111852j:plain

これはナス科?ホオズキの仲間?見落としている別のものか…

f:id:notahiro:20200913112224j:plain

小さな花はミヤマトウバナでしょうか…

f:id:notahiro:20200913112428j:plain

そろそろ下りましょう。野菊も種類が多い。やはりノコンギクか…

f:id:notahiro:20200913112609j:plain

キノコも種類が多い。オオツルタケでしょうか…

f:id:notahiro:20200913113125j:plain

最初にも撮ったミズヒキが日射しを浴びています…

2015年の撮影です。わずかな風に揺れ続ける小さな花。日陰でシャッター速度が遅いと、何枚撮っても被写体ブレ。地味で絵になりにくい秋の花。雑草。普段あまり目を向けないだけに、分かっていないことも多くあります。正確な名前にすら辿り着けなかったり…

冠着山Ⅱ

9月22日、冠着山に登ります…

f:id:notahiro:20200910111948j:plain

コブシかタムシバか。高い木に実がなっています…

f:id:notahiro:20200910112109j:plain

これはガマズミ…

f:id:notahiro:20200910112155j:plain

こっちはマムシグサ。まだ若い実…

f:id:notahiro:20200910112257j:plain

赤くなっているのも現れます…

f:id:notahiro:20200910112346j:plain

キノコ…

f:id:notahiro:20200910112431j:plain

これもキノコ。キクラゲっぽいけど、少し厚ぼったい…

f:id:notahiro:20200910113515j:plain

座り込んで撮影していると、カサコソと音がして、…リスです。食べているのはキノコ…

f:id:notahiro:20200910113747j:plain

これはヒメツチグリの仲間でしょうか…

f:id:notahiro:20200910114605j:plain

聖山が見えてきます。その奥は北アルプス。もうすぐ山頂…

f:id:notahiro:20200910114714j:plain

小さなクモ。うまく撮れません…

f:id:notahiro:20200910114825j:plain

そして標高1252mの山頂へ。展望が広がります…

f:id:notahiro:20200910115047j:plain

千曲市千曲川。長野自動車道…

2015年の撮影です。コースタイムでは登り40分。それを2時間ほどかけて登りました。お散歩。気になるものがあればじっくり観察。撮影。自然への興味と時間的余裕があれば、山はいくらでも楽しめます…

冠着山 かむりきやま Ⅰ

9月22日、冠着山へ。姥捨山とも呼ばれ、田毎の月でも有名です…

f:id:notahiro:20200907143653j:plainハナタデででしょうか。車でかなり登って、散歩気分の登山です…

f:id:notahiro:20200907144107j:plain

たわわに実っていますが、虫が入って食べられないというノブドウ

f:id:notahiro:20200907144413j:plain

ミズヒキ。雑草ともいえる花たち。これが秋か…

f:id:notahiro:20200907144633j:plain

キノコも出ています…

f:id:notahiro:20200907144723j:plain

これは似てるけど、同じものでしょうか…

f:id:notahiro:20200907144832j:plain

こっちは違う。でも名前は分かりません…

f:id:notahiro:20200907144923j:plain

これはつぼみ?若い実?分からないことばかりです…

f:id:notahiro:20200907145104j:plain

サラシナショウマが咲いています…

f:id:notahiro:20200907145156j:plain

ブラシのような花の穂。つぼみもあります…

f:id:notahiro:20200907145431j:plain

花が終わって若い実になっているものもあります…

f:id:notahiro:20200907145530j:plain

これはキツリフネ

f:id:notahiro:20200907145611j:plain

ヤマトリカブトが固まりになって咲いています…

2015年の撮影です。秋の花はちょっと寂しい。それでものんびり歩いていれば、被写体には困りません。なかなか傑作は撮れませんが、気になるものに次々出会うことになります…

臼窪湿原

9月2日、湯ノ丸高原に向かいます…

f:id:notahiro:20200830101320j:plain

途中にある五十番のシナノキ。群馬側の鹿沢温泉まで百体の観音様…

f:id:notahiro:20200830101813j:plain

五十番は馬頭観音地蔵峠に上がり、キャンプ場へ…

f:id:notahiro:20200830102011j:plain

キャンプ場の奥の臼窪湿原へ。やっとベンケイソウが咲きました。

f:id:notahiro:20200830102201j:plain

アキノキリンソウも咲いています…

f:id:notahiro:20200830102303j:plain

ワレモコウも。今回の目的はベンケイソウの花。これで引き揚げます…

2003年の撮影です。臼窪湿原で見慣れない植物を見つけて通ったことがあります。それがベンケイソウ。前回つぼみを確認して、この時初めて花を見ました。その後見かけなくってしまいました。アキノキリンソウも数を減らしています。毎年咲く花。それでも増減はあります。そうしていつの間にか変遷していってしまいます…

烏帽子岳Ⅱ

8月22日、湯ノ丸山を巻いて烏帽子岳に向かいます…

f:id:notahiro:20200825130547j:plain

コウゾリナ。まだつぼみもあります…

f:id:notahiro:20200825130701j:plain

シュロソウは若い実をつけています…

f:id:notahiro:20200825130754j:plain

クサボタンは花…

f:id:notahiro:20200825130844j:plain

トモエシオガマの花…

f:id:notahiro:20200825130924j:plain

葉まで目立つシオガマ。でもやはり、鮮やかな花に目が行きます…

f:id:notahiro:20200825131209j:plain

タムラソウの花にはオオチャバネセセリでしょうか…

f:id:notahiro:20200825131320j:plain

花の終わったグンナイフウロ。種の投擲マシーン…

f:id:notahiro:20200825131622j:plain

小さなヤマハギの花…

f:id:notahiro:20200825131722j:plain

花の斜面を巻いて烏帽子岳の稜線に上がります…

f:id:notahiro:20200825131821j:plain

巻いてきた湯ノ丸山

f:id:notahiro:20200825131932j:plain

西篭ノ登山の奥に浅間山が見えます…

f:id:notahiro:20200825132138j:plain

キリンソウの花…

f:id:notahiro:20200825132229j:plain

コウリンカを見て、標高2066mの山頂へ…

f:id:notahiro:20200825132738j:plain

シラネニンジン。同じ道を戻ります…

f:id:notahiro:20200825132842j:plain

ヤナギランには大きな幼虫。目立ち過ぎ。毒でも持ってる?

2003年の撮影です。たまに見かける毛虫、芋虫。写真を撮ると調べることになるのですが、これがなかなか分かりません。最近は幼虫の図鑑も図書館に並ぶようになったし、ネットもあるのですが、辿り着かないのです。これからは写真だけで検索できるようになるのかもしれません。虫でも、花でも。キノコ、コケ、シダ、鳥、魚…。何でもできるのかなぁ。いいような悪いような…

烏帽子岳Ⅰ

8月22日、湯ノ丸高原烏帽子岳に向かいます…

f:id:notahiro:20200823144403j:plain

駐車場からキャンプ場へ。イワアカバナが咲いています…

f:id:notahiro:20200823144604j:plain

ノアザミにやって来た黒いアゲハチョウ…

f:id:notahiro:20200823144715j:plain

オナガアゲハでしょうか…

f:id:notahiro:20200823144823j:plain

ツリガネニンジン。キャンプ場にも花が咲いています…

f:id:notahiro:20200823144925j:plain

アキノキリンソウ。キャンプ場の奥に臼窪湿原という小さな湿原があります…

f:id:notahiro:20200823145134j:plain

湯ノ丸山がよく見えます…

f:id:notahiro:20200823145229j:plain

ベンケイソウのつぼみがわずかにほころび始めています…

f:id:notahiro:20200823145410j:plain

ワレモコウ、ハクサンフウロ

f:id:notahiro:20200823145525j:plain

ヨツバヒヨドリにはアサギマダラがやってきています…

f:id:notahiro:20200823145646j:plain

マルバダケブキに来ているのはクロアゲハでしょうか…

f:id:notahiro:20200823145849j:plain

オミナエシが咲いています…

f:id:notahiro:20200823145927j:plain

湯ノ丸山を巻いて烏帽子岳に向かいます…

2003年の撮影です。身近な湯ノ丸高原では多くの花が見られます。毎年、同じように見られる花、やって来るチョウ。でも、変遷もあります。時には新たな発見も。ただそれまで見逃していただけだったりもするのですが…