ひねもす通信Ⅱ

季樹歳彩(きぎさいさい)も見てね

名寄

7月30日、咲来峠を越えて名寄方面へ…

f:id:notahiro:20211019173844j:plainあまり人工的な護岸のない天塩川沿いを行きます…

f:id:notahiro:20211019174116j:plain

実をつけているのはニワトコでしょうか…

f:id:notahiro:20211019174217j:plain

早朝で誰もいないひまわり畑に寄ってみます…

f:id:notahiro:20211019174339j:plain

ここも日中は賑わうのでしょうか…

f:id:notahiro:20211019174842j:plain

畑の畦も花盛りになっています…

f:id:notahiro:20211019175028j:plain

オトメイヌゴマ?ヨーロッパ原産の帰化植物らしい…

f:id:notahiro:20211019175213j:plain

日本での初見が名寄だったとか…

f:id:notahiro:20211019175318j:plain

こちらはチシマオドリコソウ。これも帰化植物

f:id:notahiro:20211019175638j:plain

タンポポかと思ったら、これはブタナらしい…

f:id:notahiro:20211019175738j:plain

もちろんこれも帰化植物

f:id:notahiro:20211019175838j:plain

ムラサキツメクサ。こちらも古参の帰化植物

f:id:notahiro:20211019180110j:plain

車で移動。立派な車道脇にヤナギラン。山の上で見る花が道端で見られる北海道。荒地などに真っ先に侵入するパイオニア植物だから、新しい道の法面は好適地…

f:id:notahiro:20211019180844j:plain

マツヨイセンノウでしょうか…

f:id:notahiro:20211019180956j:plain

近くの家から逃げ出したものか。これは重弁。花びらの幅も広い…

f:id:notahiro:20211019181238j:plain

こちらはジャコウアオイか…

2012年の撮影です。ウエンシリ岳の登山口に向かう途中、目に付いたものを撮りました。帰化植物に目くじらを立てるつもりはありません。被写体になるものはありがたいし、きれいな花が咲いているのもいい。ただ貴重な在来種への悪影響については考えなければなりません。北海道はおおらかで、本当によそ者に寛容だ…

 

ベニヤ原生花園Ⅱ

7月29日、ベニヤ原生花園の中を歩き回ります…

f:id:notahiro:20211014163500j:plain

浜辺へ出るとハマボウフウが咲いています…

f:id:notahiro:20211014163702j:plain

ハマヒルガオなども咲いています…

f:id:notahiro:20211014163817j:plain

これはエゾタツナミソウでしょうか…

f:id:notahiro:20211014163856j:plain

ハマナス。また陸側へ。結構広くて、歩道が続いています…

f:id:notahiro:20211014164156j:plain

これはケシオガマでしょうか…

f:id:notahiro:20211014164245j:plain

タチギボウシ

f:id:notahiro:20211014164332j:plain

エゾクガイソウ

f:id:notahiro:20211014164409j:plain

これはコガネサイコらしい…

f:id:notahiro:20211014164521j:plain

イヌゴマ

f:id:notahiro:20211014164607j:plain

これもイヌゴマか。風で揺れ続け、わずかに雨も降ってきます…

f:id:notahiro:20211014164735j:plain

花は終わっているけど、スズラン。やはり海沿いで見るのは違和感…

f:id:notahiro:20211014164955j:plain

ツリガネニンジン

f:id:notahiro:20211014165032j:plain

エゾミソハギ。植えられているものに比べると淋しい感じ。でもたぶん、こっちの方が自然なのでしょう…

f:id:notahiro:20211014165351j:plain

これはスギナモでしょうか…

f:id:notahiro:20211014165433j:plain

これはチシママンテマでしょうか…

2012年の撮影です。チシママンテマは礼文島などで見られるナデシコ科マンテマ属の花。道東など一部限られた場所にはあるようですが、ベニヤ原生花園にあっていいのでしょうか。似たような外来の帰化植物。チシママンテマでも人為的に持ち込まれたもの。などと余計な詮索をしてしまいます。もちろん元々あったのかもしれません…

ベニヤ原生花園Ⅰ

7月29日、カムイト沼からモウケニ沼に向かいます…

f:id:notahiro:20211010110801j:plain

ここも静かな沼。この辺りには沼や湿原が点在しています…

f:id:notahiro:20211010111022j:plain

ハナショウブが咲いています…

f:id:notahiro:20211010111154j:plain

イチゴの実。花が終わるとがくを閉じ、その中で実が成長する。葉も特徴的だと思ったのですが、種類を特定できません…

f:id:notahiro:20211010111501j:plain

まっすぐ沼に伸びる古い木道…

f:id:notahiro:20211010111626j:plain

キツリフネも咲いています…

f:id:notahiro:20211010111713j:plain

ベニヤ原生花園に移動します…

f:id:notahiro:20211010111947j:plain

クガイソウによく似たエゾクガイソウ

f:id:notahiro:20211010112211j:plain

花穂が随分長い。奥にはオニシモツケ

f:id:notahiro:20211010112447j:plain

この時は名前が分からなかったエゾオオヤマハコベ。長野にもあるらしい…

f:id:notahiro:20211010112746j:plain

アキカラマツ…

f:id:notahiro:20211010112906j:plain

海も近く、ハマヒルガオが咲いています…

f:id:notahiro:20211010112823j:plain

セリ科の花がたくさん咲いているのですが、種類を特定できません…

f:id:notahiro:20211010113300j:plain

風があって撮影には悪条件…

f:id:notahiro:20211010113420j:plain

川もあって広い場所です…

f:id:notahiro:20211010113602j:plain

カワラマツバ。夕方になって、ほとんど歩いている人はいません…

2012年の撮影です。環境対策として森林は大切。でも木はやがて枯れ、分解されてしまうので炭素の固定は一時的です。一方湿原では植物遺体は分解されず、炭素は半永久的に固定されます。地球温暖化対策だけを考えれば、湿原はもっと評価されるべき存在です。ただ人間にとってその利用価値は少なく、その面積はあまりに微々たるもので、効果は期待できません。それでも森林を減らしたり、湿原を開拓することはもう止めなければならないでしょう…

カムイト沼

7月29日、利尻島から稚内へ。さらに宗谷岬に向かいます…

f:id:notahiro:20211005103659j:plain

なだらかな丘陵地。海の近くに周氷河地形が広がっています…

f:id:notahiro:20211005104215j:plain

放牧地、牧草地として利用されています…

f:id:notahiro:20211005104355j:plain

宗谷岬へ。シシウドっぽいけど、北海道には分布しない…

f:id:notahiro:20211005104916j:plain

ウミネコ

f:id:notahiro:20211005104952j:plain

ハマエンドウでしょうか。賑わう宗谷岬を離れます…

f:id:notahiro:20211005105206j:plain

オホーツク海と車道の間に沼。湿原や原野が広がっています…

f:id:notahiro:20211005105535j:plain

カムイト沼に寄ります…

f:id:notahiro:20211005105620j:plain

タチギボウシが咲いています…

f:id:notahiro:20211005105716j:plain

ここは誰もいません…

f:id:notahiro:20211005105748j:plain

エゾミソハギ

f:id:notahiro:20211005105825j:plain

青空ならかなり印象が変わったかもしれません…

f:id:notahiro:20211005105952j:plain

たわわに実をつけるマイヅルソウ

f:id:notahiro:20211005110048j:plain

この時は分からなかったけど、これはタマゴタケらしい…

2012年の撮影です。キノコは怖いので撮るだけ。でもタマゴタケは美味しいらしい。写真のものは傘が割れて、成長し過ぎ。食べるには遅いのかもしれません。最近確かなものを少し採って食べ始めたのですが、まだタマゴタケは食べたことがありません…

夕日ヶ丘展望台

7月28日、高山植物展示園から夕日ヶ丘展望台へ…

f:id:notahiro:20210929173308j:plain

いい雲が広がります…

f:id:notahiro:20210929174038j:plain

利尻山にはまだ雲がかかっていますが、かなり見えてきました…

f:id:notahiro:20210929174235j:plain

海に突き出すペシ岬。上空は風が強いのか、笠雲、吊るし雲っぽい…

f:id:notahiro:20210929174620j:plain

沖を行く船…

f:id:notahiro:20210929174723j:plain

飛行機もやって来ます…

f:id:notahiro:20210929174827j:plain

足元の花はツリガネニンジン?ハクサンシャジン?ミソガワソウ

f:id:notahiro:20210929175536j:plain

山とは違う景色…

f:id:notahiro:20210929175753j:plain

海もきれいです…

f:id:notahiro:20210929175830j:plain

これはエゾタツナミソウでしょうか…

f:id:notahiro:20210929175906j:plain

このセリ科の花は何でしょう…

f:id:notahiro:20210929180010j:plain

また富士野園地へ行ってみます…

f:id:notahiro:20210929180054j:plain

きれいな海と、姿を変える雲を眺めます…

2012年の撮影です。利尻山高山植物もいいけど、北の海もきれいです。夕方は結局何も撮れなかったのですが、人も少なく、のんびり楽しみました…

富士野園地

7月28日、利尻島の北へ向かうと晴れてきます。富士野園地へ…

f:id:notahiro:20210924094851j:plain

見たことのないアザミ。アメリオニアザミでしょうか…

f:id:notahiro:20210924095110j:plain

これはホザキナナカマドか…

f:id:notahiro:20210924095227j:plain

利尻山からも見えていたポンモシリ島…

f:id:notahiro:20210924095337j:plain

断崖にハマナスが咲いています…

f:id:notahiro:20210924095524j:plain

エゾフウロ?海辺でも高山植物が見られるといいます…

f:id:notahiro:20210924095710j:plain

ウシオツメクサ?帰化植物などもあって混乱するばかり…

高山植物展示園というのがあるので行ってみます…

f:id:notahiro:20210924100155j:plain

稚内の北方植物園でも見たレブンソウ…

f:id:notahiro:20210924100122j:plain

リシリソウもあります…

f:id:notahiro:20210924100500j:plain

とりあえず撮ったのですが、何だか分かりません…

f:id:notahiro:20210924100635j:plain

イブキジャコウソウ。山でここまでの群落は見ない…

f:id:notahiro:20210924100845j:plain

リシリヒナゲシがまだ咲き残っています…

2012年の撮影です。高山植物展示園は稚内の北方植物園ほどではないのですが、リシリソウなどを見ることガでいました。足湯もあって、少しのんびりしました…

寝熊の岩

7月27日、南浜湿原は朝から霧。利尻山は見えません…

f:id:notahiro:20210920120004j:plain

やって来る小鳥を車の中からデジタルズームで…

f:id:notahiro:20210920120643j:plain

アオサギも現れます。でも天気は回復せず、一日待機…

7月28日、今日も霧。南から湿った風が流れ込み続けているらしい…

f:id:notahiro:20210920121118j:plain

諦めて北へ。途中、寝熊の岩に寄ります…

f:id:notahiro:20210920121702j:plain

別の鳥に見えたのですが、これはカモメの雛でしょうか…

f:id:notahiro:20210920122014j:plain

カモメ。調べてみるとカモメにも種類があって、正確なことはわかりません…

f:id:notahiro:20210920122635j:plain

風があり、波があって、天気は悪いままです…

f:id:notahiro:20210920122834j:plain

利尻島の西側の海岸です…

f:id:notahiro:20210920123053j:plain

海鳥ばかり。誰も来ません…

f:id:notahiro:20210920123418j:plain

利尻山でも見たエゾノコギリソウ。赤みのある花で園芸種のよう…

f:id:notahiro:20210920123540j:plain

これは、ハチジョウナでしょうか…

2012年の撮影です。とりあえず撮れば、あとで調べて分かると思うのですが、実際は分からないことも多くあります。それは鳥でも植物でも虫でも。雛。つぼみや芽吹き。花のつくりと虫との関係。その生態。それぞれの関係性。どんどん複雑になって、ますます分からないことばかり。それが面白いところではあるのですが…