読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひねもす通信Ⅱ

季樹歳彩(きぎさいさい)も見てね

弥彦山

翌5月20日、標高634mの多宝山で日の出を待ちます。

f:id:notahiro:20170511101339j:plain

水の張られた新潟平野の水田地帯。雪残る彼方の山々が朝日に染まります。

f:id:notahiro:20170511102023j:plain

佐渡島も静かな朝を迎えています。

f:id:notahiro:20170511101729j:plain

南隣には多宝山と同じ標高の弥彦山山頂。そちらに移動します。

f:id:notahiro:20170511101956j:plain日本海の彼方に残雪の山々が霞みます。

f:id:notahiro:20170511102703j:plain

東北の山も見えます。ロープウェイが動く前なのに登ってくる登山者。車に戻ってロープウェイの起点近くの弥彦神社に向かいます。

f:id:notahiro:20170511103623j:plain

弥彦神社のシイは枯れてしまったのでしょうか。

f:id:notahiro:20170511103751j:plain

立派な社殿の奥に、さっきまでいた山頂が見えます。

f:id:notahiro:20170511103939j:plain

婆々杉は推定樹齢1000年。

f:id:notahiro:20170511104058j:plain

新緑のヤマモミジ。旅館や土産物屋が並ぶ街を散策します。

f:id:notahiro:20170511104152j:plain

諏訪の木は諏訪神社のご神木の大ケヤキ。賑わう今時の観光地。でも弥彦神社とともに長い年月を重ねてきた街並みです。そろそろ引き返しましょう。

f:id:notahiro:20170511110511j:plain

いい天気で、途中の笠島海岸で写真を撮ります。

f:id:notahiro:20170511110701j:plain

柿崎から内陸に入り、楞厳寺(りょうごんじ)に寄ります。

f:id:notahiro:20170511111158j:plain

カワトンボでしょか。

f:id:notahiro:20170511111259j:plain

静かな境内を散策します。

f:id:notahiro:20170511111357j:plain

ムラサキサギゴケ

そして、今日の車中泊の場所は米山の登山口です。