読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひねもす通信Ⅱ

季樹歳彩(きぎさいさい)も見てね

じいとばあー御堂山

長野・群馬県境の内山峠から下仁田へ向かうと、『じいとばあ』という食堂があります。老夫婦が営む家庭的な店、…なのでしょう。でも私が注目してしまうのはその店の奥に見える山。樹林の稜線にそそり立つ岩、『じいとばあ』と名付けられた奇岩です。

f:id:notahiro:20170424080533j:plain ヒカゲスミレ

しばらくは林道歩き。早速すみれたちが咲いています。

f:id:notahiro:20170424080834j:plain マルバスミレ

f:id:notahiro:20170424081004j:plain エイザンスミレ

f:id:notahiro:20170424081115j:plain タチツボスミレ

f:id:notahiro:20170424081157j:plain アカネスミレ

山道に変わり、木々は芽吹きの頃…

f:id:notahiro:20170424082011j:plain

すみれ以外にはイラクサ科の…

f:id:notahiro:20170424081328j:plain カテンソウ

稜線に突き上げると分岐。左、じいとばあに向かいます。

f:id:notahiro:20170424082708j:plain

アカヤシオの咲くこたつ岩を巻きます。

f:id:notahiro:20170424082500j:plain

その先に現れる、…じいとばあ

f:id:notahiro:20170424083246j:plainちょっと取り付いてみたものの、…登れそうにありません。

f:id:notahiro:20170424083613j:plain きのこ

芽吹いて花咲き始める…

f:id:notahiro:20170424083658j:plain ウリハダカエデ

f:id:notahiro:20170424083917j:plain

途中で見たのとここで見たもの。感じは違うけど、どちらもフモトスミレか。

f:id:notahiro:20170424084856j:plain

こたつ岩の先に御堂山を確認して分岐に戻り、山頂へ向かいます。

f:id:notahiro:20170424085317j:plain

標高878mの御堂山。山頂からの妙義山はこんな感じ。帰りは別ルート。

f:id:notahiro:20170424085823j:plain ヤブレガサ

f:id:notahiro:20170424085911j:plain シロバナエンレイソウ

f:id:notahiro:20170424085950j:plain ミヤマキケマン

f:id:notahiro:20170424090023j:plain キブシ

じいとばあ。こたつ。…民話の世界。きっとそんな昔話がありそうで、図書館で調べたりもしたのですが見つかりません。地元の人も知らないようで…。

 紙媒体の『ひねもす通信』を17年続けています。私一人で撮影、編集したものです。その中から今の季節の記事を編集し直して掲載しています。