ひねもす通信Ⅱ

季樹歳彩(きぎさいさい)も見てね

雨の吉野ヶ里遺跡

2月1日、開園を待って吉野ヶ里遺跡へ… 雨の月曜日。閑散としています。整備、復元の進んだ広い敷地を、ゆっくり見て回ります。弥生時代の巨大な環濠集落跡です… 肥前国のもうひとつの一宮の淀姫神社へ… ここにもクスノキの巨木があります… そして与賀神社へ……

筑紫平野

1月31日、雨。筑後川の流れる朝倉市へ… 恵蘇八幡宮。斉明天皇のもがりの宮があった場所ということです… 近くの水神社にも大きなクスノキ… そして隠家森(かくれがのもり)と名付けられた大きなクスノキ… 幹周り18m。日本で8番目に太いクスノキの巨木… 下古毛…

英彦山

1月30日、曇り。早朝の石段を登って行きます。長い石段を登りきると、山と上とは思えない大きな広場に大きな奉幣殿。細川忠興寄進の国宝です… ここから山道。といっても表参道。石段。広い山道。太い杉が目立ちます… 時折青空が見えて薄日が射します。樹林も…

長門から九州へ

1月29日、下関市長府へ。長門国府の置かれた場所です… 二宮、忌宮(いみのみや)神社へ。宿禰のイチョウ。武内宿禰手植えの古木… 仲哀天皇、神功皇后が豊浦宮を建て7年間滞在した場所… 神功皇后は架空の人物。でも、ゆかりの地は多い… 長府正円寺の大イチョ…

周防国へ

1月28日、岩国へ。山口県に入ります。山口県東部は周防(すおう)国… 岩国藩、吉川(きっかわ)氏にちなむ吉香(きっこう)公園。そこにマメ科のエンジュの巨木。山の上に見える岩国城は眺めるだけにして、隣接する錦帯橋などを散策。雨になりました… 移動し…

さらに、神社・巨木巡り

1月27日、さらに西へ。今日も巨木から… 備中川沿いの栗原の四本柳。アカメヤナギと書かれています。手元の図鑑で調べるとフリソデヤナギの別名で、これだと低木。マルバヤナギという表記もあって、同じ図鑑ではエゾノタカネヤナギ別名。これはさらに小さな小…

神社・巨木巡り

1月26日、播磨の一宮・伊和神社へ… やはり立派な神社… 杉の巨木が林立しています… 諸国一宮もすべて巡ってみたいものです… 次は火魂(かこん)神社の大ムクノキ… そして池王神社のアカガシ… あまり行かない西日本には、まだ見ていない巨木がいっぱいあります…

稲荷山

1月25日、京都伏見稲荷大社へ… 山を登って行きます。鳥居の隙間から見える景色は普通の里山です。有名な千本鳥居を過ぎても朱の鳥居は続きます。曇天の稲荷山。標高233m。京都伏見稲荷大社の裏の奥社の鎮座する山です… 異空間。早朝の重苦しい雲がそれを助長…

雪野山

1月24日、滋賀県竜王町。新羅王、天日槍(あめのひぼこ)を祀る鏡神社へ… 須恵、弓削(ゆげ)、薬師(くすじ)、綾戸…。渡来文化につながる地名。古代に渡来人が住んだ土地。鏡も先進渡来文化の象徴です。鞍馬から奥州に向かう源義経が元服した場所もありま…

南九州の旅

12月28日、実家の旅行で鹿児島空港へ。レンタカーで蒲生八幡神社へ… 幹周り24.2m。日本一の巨木。蒲生の大クス… 桜島を眺め、指宿温泉へ。砂蒸し初体験… 29日、長崎鼻へ。開聞岳を眺めます… 枚聞神社にも寄ります。巨木を巡り、鹿児島のホテルへ… 30日は桜島…

キタミソウ

12月23日、実家の家族と行田へ。新聞記事で見たキタミソウを探します。川べりの自生地。珍しい花。何より小さいらしい。4人でそれぞれ下を向き、歩き回って…。なかなか見つかりません。私はしゃがみこみ、じっと地面を見つめます。…ありました。皆に声をかけ…

巨木巡り

12月10日、滋賀県米原市醒ヶ井の了徳寺のお葉付きイチョウを見ます… 葉の先に銀杏のなるお葉付きイチョウ。しばらく探してやっと見つけます。でも実も葉もかなり不完全。それでも初めて実物を見ました。お葉付きイチョウは何度か見ているのですが、実のなる…

八子ヶ峰

12月7日、八子ヶ峰へ… まだ雪は少なめ。雲も多くてあまり写真が撮れません… 2007年の撮影です。八子ヶ峰は簡単に登れる山。こんな天気でしたが、少し体を動かすために登りました。天気に合わせていつでも出動できればいいのですが、うまくいかないことも多い…

戸隠

11月27日、飯綱山を下りて戸隠へ… 日之御子社へ… ここにも杉の巨木… 何より静かで、いい雰囲気です… 中社にも行ってみます… やっぱり立派… 境内を出ても立派な杉の巨木… 2009年の撮影です。戸隠は何度も来ていて、中社も初めてではありません。でも日之御子…

飯綱山Ⅱ

11月27日、飯綱山の山頂。夜明けにテントから這い出します… やがて北アルプスが朝日に染まります… せわしく雲が去来し、霧氷の山に日が昇ります… 素晴らしい景色が展開するのですが、凍える寒さです… 高妻山も見えてきました… 雲も落ち着き、朝日も色を失い…

飯綱山Ⅰ

11月26日、午後からゆっくり登山。飯綱山に向かいます… ドライフラワーのイチヤクソウ… 夕方、標高1917mの山頂へ。雪は少しだけ… 北アルプスに日が沈みます… 雪を戴く新潟県境の山々。少し木が邪魔です… 場所を替え、アップで。それなりの積雪… 日の沈んだ北…

越百山 こすもやま

11月23日、伊那側から越百山に向かいます。出発は午後から。落石があって登山口まで車が入れません。余計な林道歩き。登山道は笹が被って長い藪漕ぎ。その先は深い谷の沢沿いの道。そして徐々に積雪が多くなります。鎖に頼って乙女の滝を渡ります… さらに進…

奥三界岳

11月8日、御嶽山の南、長野・岐阜県境の三百名山、奥三界岳に向かいます… 林道、登山道、また林道。山が見えても山頂はまだ奥… 数段になって落ちる昇竜の滝… 登って行くと昨日登った恵那山が見えてきます… 展望のいい笹原に出て、中央アルプスを眺めます。さ…

恵那山

11月7日、神坂(みさか)峠から富士見台高原へ… 遅れて紅葉する木と恵那山… サザンカの園芸種?植えられたものでしょうか… 大きな恵那山。富士見台に向かいます… いい天気。遠くの山も見えています… 笹原の富士見台高原。標高1793m。御嶽山が見えます… 展望…

野々海池Ⅱ

11月8日、野々海池の朝… ススキにも霜… 日が当たるとすぐ融けてしまいます… 日陰の霜を狙います… 野々海峠まで散策。でも被写体が見つけられません… 山を下り、田代の七ツ釜まで足を伸ばします… ムラサキシキブ… 巨木も撮ります… 常慶院まで戻ります… 随分立…

野々海池Ⅰ

11月7日、坂城に寄ってお寺や神社を巡ります… カヤの巨木も見ます… 北日名のカヤ。長野で用事を済ませ、千曲川沿いの道を行きます… 長野・新潟県境に近い野々海(ののみ)池へ。もう夕映え… 三方岳往復。夜には星空の撮影。でもひどい結露で失敗… 翌朝は冷え…

双子山

10月21日、天気がいいので山へ。でも動くのが遅すぎました… 大河原峠から蓼科山は無理。双子山へ。草は枯れた広い山頂… 浅間山も見えています。山頂で出会った人と雑談。車に戻ります… 大河原峠から日没後の浅間山を狙います… 車を走らせ、下りて行くと、槍…

枝折峠

10月14日、荒沢岳登山で疲れて、銀山平の登山口で朝を迎えます… せっかくなので奥只見湖へ足を伸ばします… 朝の奥只見湖。今日もよく晴れています… 銀山平に戻り、枝折峠へ。開けると魚沼駒ヶ岳が見えます… 峠に向かうと、さらにすっきり見える場所もありま…

荒沢岳Ⅱ

10月13日、二百名山、荒沢岳の山頂へ… 好天。南側の展望も開け、平ヶ岳が見えます… 東には会津駒ヶ岳… 西には魚沼駒ヶ岳。左奥に頭を覗かせる八海山… そして中ノ岳。連なる稜線。巻機山、谷川岳…。山々が重なる… 斜面を染める紅葉。しばらく展望を楽しんだら…

荒沢岳Ⅰ

10月13日、焼額山から小出に移動してきて… 朝、魚沼駒ヶ岳を撮ります。さらに銀山平に移動… 荒沢岳に向かいます。キノコ… 前山に登り、稜線を辿ると、目指す荒沢岳が姿を現します… その手前に立ちはだかる前嵓(くら)… 朝とは違う角度で見る魚沼駒ヶ岳… 木…

焼額山

10月12日、志賀高原へ。焼額山に登ります… 樹林帯を登って行きます。ツルリンドウの実… 開けた草原に出るとノコンギクが咲いています。岩菅山も見えます… 樹林に入り、また草原へ。ススキがきれい。あれ、ここはゲレンデ。さっきの場所もそうです。ゲレンデ…

北陸の旅Ⅱ

10月9日、白山スーパー林道から下りてきて巨木めぐり… 大きな森のような御仏供杉… 1本の根に集まっているのが不思議なくらい… 加賀国の一宮・白山比咩神社に参拝。金沢の宿へ… 10日、朝食前の散歩。宿近くの八幡神社のケヤキ… 兼六園へ… ここにも見事な巨木……

北陸の旅Ⅰ

10月8日、実家の両親や兄と北陸旅行。富山で今山田の大カツラを見ます… 幹周り14mの立派なカツラ。雑草ですが、足元にはミゾソバが満開… 小矢部に出て護国八幡宮。石川入りして倶利伽羅不動寺、安宅の関跡。福井入りして本願寺吉崎別院。北潟湖を回り、芦原…

浅間山登山道Ⅱ

9月28日、浅間山登山道を行きます… マムシグサの実。長坂からカモシカ平へ… 古い登山道に立つ歌碑。中務卿宗良親王? 槍ヶ鞘やトーミノ頭の断崖。日は傾いてその陰へ… 尾根に取り付くと、下りてきたカモシカに遭遇… 親子。でも遠いし、暗い。ねぐらに戻って…

浅間山登山道Ⅰ

9月28日、浅間山登山道へ。蛇堀川沿いの道を行きます… サワフタギの青い実… まだヤハズヒゴタイは花をつけています… 下界の雑草でもあるヤクシソウ… 一ノ鳥居へ。遅くまで花を咲かせていたサラシナショウマも実… キンポウゲ科らしい実をたくさんつけています…