ひねもす通信Ⅱ

季樹歳彩(きぎさいさい)も見てね

朝日岳Ⅲ

7月26日、雨の中、傘を差して山頂へ。雷が鳴り出しました… 樹林帯を抜け、ニッコウキスゲの咲く斜面へ… キンコウカも咲いています。でも雷の中、広々とした場所に出るのは… 躊躇しつつ、稜線に向かいます… トキソウが咲いています… こちらはホソバコゴメグサ…

朝日岳Ⅱ

7月26日、宝川温泉から谷川連峰の朝日岳を目指しています… まだドクダミが咲いています。やっと林道から登山道へ… ヤマホタルブクロ… 花は終わってるけど、アカフタチツボスミレ… 倒木にびっしりキノコ。…スエヒロタケ? 滝が見えてきます。八宝ノ滝… エゾア…

朝日岳Ⅰ

7月26日、利根川上流の宝川温泉へ… 利根川を渡ります… 橋の袂には、アカシデ? こっちはオニグルミでしょうか… 宝川温泉の奥の登山口へ。ヤマユリが咲いています… オカトラノオの咲く林道を歩きます… きれいな宝川沿いの道を行きます… ミヤマカラスアゲハ… …

穴地獄Ⅱ

7月25日、穴地獄を見て回ります… 鍾乳洞の百枚皿のよう。土手部分にチャツボミゴケ… チャツボミゴケもよく見てみましょう… もう少し歩いてみます。ダケカンバの樹林の登山道へ… 少し雨が降ってきました。傘を差して歩きます… 1時間ほどで平兵衛池。静寂。さ…

穴地獄Ⅰ

7月25日、草津温泉の北にある穴地獄へ。林道を行きます… ヨツバヒヨドリの蜜を吸うアサギマダラ… トモエソウも咲いています… ノリウツギ。沢沿いを進むと… 立派な滝。温泉大滝? 小さな滝の現れる沢沿いをさらに進みます… 少し臭う。触ってみても熱くはあり…

金山Ⅲ

7月6日、ブナタテ尾根をさらに登ります… グンナイフウロ。まだつぼみも多い… マイヅルソウやゴゼンタチバナも咲いています… そしてシラネアオイ。科のレベルで日本固有… オオバキスミレ… ウマノアシガタ… 雪の稜線に出て、天狗原山に達します… この山塊の最…

金山Ⅱ

7月6日、ブナタテ尾根を登ります… カタクリは若い実になっています… コシノカンアオイ。根元に地味な花… 誰がために花は咲く。…地を這う虫? ズダヤクシュ。喘息の薬? ダケワラビと呼んで食べたけど、…ミヤマメシダというらしい… 登ってくると雪が残り、ミ…

金山Ⅰ

7月6日、小谷から金山に向かいます… 朝日を浴びる雨飾山を見て、登山口まで車を乗り入れます… 山に向かいます。オククルマムグラの小さな花。若い実… 立派なブナの巨木を見て、九十九折れの道を登って行きます… 蔓を伸ばすアカネ… 花のあと、葉を大きくした…

美ヶ原

7月5日、美ヶ原へ。思い出の丘から武石峰に登ります… 少し盛りを過ぎたレンゲツツジ… コウリンカはこれから咲くところ… 梅雨の晴れ間の美ヶ原。車に戻り、天狗の露地へ… 最高峰の王ヶ頭に向かいます。カラマツの新緑… ゴゼンタチバナが咲いています… 小さな…

北八ヶ岳Ⅲ

7月1日、麦草峠に戻って、白駒池に向かいます… ツマトリソウが咲いています… すぐ樹林帯。笹が侵入しています… ツイスターゲーム?おい。ちょっと。何。もう。やだぁ… キノコも生えています… こっちにも… 倒木。地味は浅く、すぐ岩。根は広げても深くはもぐ…

北八ヶ岳Ⅱ

7月1日、北八ヶ岳の原生林で撮影を続けます… 岩もコケに覆われます。でも… ここは地衣類が優勢。菌類と藻類の共生体… 岩を覆いきれないコケ… 花の終わったすみれの葉。ウスバスミレでしょうか… コケは木の幹にも張り付いています… やがてびっしり… そこにキ…

北八ヶ岳Ⅰ

7月1日、八千穂高原に向かいます… ウツボグサが咲いています… 薄い花色のものもあります… ニシキウツギも咲いています… アヤメも咲き始めています… きれいなシラカバの林が人気の場所です… サラサドウダンを撮っていたら、出たがりのクジャクチョウが… 麦草…

ヒメザゼンソウ

2008年6月20日、ヒメザゼンソウを見に行きます… 狭山湖の近く、埼玉県の入間市・所沢市にまたがる緑の森博物館。小さな案内所があるだけ。湿地を含む広い森で、広場や散策路が整備されています。案内所近くの散策路脇にヒメザゼンソウが咲いています。これが…

八ヶ岳 東天狗

6月23日、稲子湯の奥から山に向かいます… 常緑樹の芽吹き。通年変化のとぼしい原生林も若葉の季節… 冷たい水が滝をなして流れています… 林床はシダが茂ります… しらびそ小屋へ。小さなミドリ池。東天狗の東壁が見えます… 本沢鉱泉に回ります。クリンソウが咲…

池口岳

6月11日、南アルプス深南部の池口岳に向かいます。標高2392m。二百名山… 蒸し暑さの中、汗を掻きながら登ると、やがてきれいに花が咲いて… トウゴクミツバツツジ。まだつぼみも多く、若葉もきれい… ミヤマザクラも咲いています… 邪魔な枝、幹… でも、崩壊面…

奥茶臼山

6月9日、秋葉街道を南下します… 分杭峠を越えて矢立木を見ます。そしてしらびそ峠へ。ここが登山口… 登山は翌朝から。古い倒木を見て、樹林帯を進みます… 尾高山まで行くと、目指す奥茶臼山が見えてきます… 苔生す原生林。雨や霧が似合いそう。晴れを選んで…

軽井沢植物園Ⅳ

’03. 7. 5. また軽井沢植物園へ… キリンソウが咲いています… イブキジャコウソウにはモンシロチョウ… これはバライチゴでしょうか… すべての植物に名札がついているわけではありません… ノコギリソウ。…園芸種?…西洋ノコギリソウ? 黄金コデマリ… クサレダ…

軽井沢植物園Ⅲ

’03. 6. 6. また軽井沢植物園へ。季節を追って咲く花が変わるのですが… 今回は木。ヒノキ。ヒノキ科も区別がつかない… アスナロ。名札つき。すぐ隣で見比べられるのはありがたい… サワラ。この辺りまでは何とか… クロベ。どこを見て区別するんだろう… ウラジ…

軽井沢植物園Ⅱ

2012年5月27日、実家の両親、兄を案内して軽井沢植物園へ… 入口近くにハッカクレン。9年前にも見たもの… クマガイソウがたくさん咲いています… できれば野生で見たい。でも今はそれが難しい… 9年前にもよく咲いていたクリンソウ… 濃い花の色。でもほぼ野生で…

軽井沢植物園Ⅰ

5月21日、軽井沢植物園に行ってみます… 少し雑然。庭園風ではありません。それだけに珍しいものが見つかる… モチツツジの園芸種、ハナグルマ… クリンソウも様々な花色。園芸種のよう… 野生ではなかなか見られないサクラソウ… センダイハギもよく咲いています…

伊吹山

5月9日、伊吹山に向かいます… 樹林の中を進みます… すぐにスキー場。タンポポ、オオイヌノフグリ、そしてオドリコソウ… オドリコソウの白花があります… 雑草?野草?意外とかわいい… 登って行くと…。これはイブキハタザオらしい… アマナも咲いています… ヤマ…

蓬莱山

5月8日、舞鶴で朝から巨木めぐり… まずは奉行杉。推定樹齢800年… 福井県入り。依居(えご)神社へ。巨木の前にコケに目が行きます… 依居神社のモミ。推定樹齢1000年… 滋賀県高島市へ。阿志都弥(あしずみ)神社のシイ。推定樹齢1000年… それから大荒比古神社…

那岐山

5月7日、岡山・鳥取県境の那岐山に向かいます… フモトスミレが咲いています… 遅咲きのニョイスミレも… これはシハイスミレか… シハイスミレ、タチツボスミレ…。すみれの花盛り… シハイスミレがたくさん咲いています… 寄らば大樹の陰?標高1240m。三百名山、…

四国観光Ⅱ

5月5日、大洲でおはなはん通りを見てから佐田岬半島へ… 三崎のアコウを見ます。アコウの巨木が何本かあります… 佐田岬へ。大きなムカデを見ます… 今治まで移動して、玉澄さんの大楠を見ます。幹周り11m。推定樹齢1200年… しまなみ海道へ。来島海峡を渡って亀…

四国観光Ⅰ

5月3日、坂出駅へ向かいます。両親と兄と合流。家族旅行となります… 円通寺、多聞寺と巨木めぐり。琴平町の大センダンを見ます… 徳島県へ。ちょっと前に見た別所の大クスをまた見ます… それから土柱。ちょっと変わった浸食地形… 香川県に戻り、熊野神社の二…

東赤石山Ⅱ

5月2日、瀬戸内海も見える東赤石山の稜線散策… 特徴的な赤い岩。雲が湧き、流れて行きます… それでも天気は何とかもっています… 別ルートで山を下ります。ニオイタチツボスミレが咲いています… 次は東海型ヒメミヤマスミレ… さらにシコクスミレ。今日だけで…

東赤石山Ⅰ

5月2日、早朝から東赤石山に向かいます。タチツボスミレを見つけます… 赤みの強い大きめの花。ちょっと変。花びらが7枚あります… 次はシロバナタチツボスミレ… 普通のタチツボスミレもありますが、その奥にはヒカゲスミレ… きれいな沢を見て進みます… 次はフ…

笹ヶ峰

5月1日、今日は霧。瓶ヶ森に登ります… 標高1896m。三百名山。でも何も撮れません… 車に戻り、移動。次は笹ヶ峰に向かいます。東海型ヒメミヤマスミレ… でもこれしか撮れません。標高1860m。二百名山の笹ヶ峰を往復します… 車を走らせるときれいな渓谷が目に…

石鎚山

4月30日、7時に開いたゲートを抜けて石鎚スカイラインへ… やがて石鎚山が姿を見せます… かつての有料道路を快走。角度を変え、形を変える石鎚山… 土小屋から岩黒山に登り、石鎚山を眺めます… 標高1746m。岩黒山。朝一で登りたかったのですが、夜は進入禁止… …

三本杭

4月29日、篠山の北方、宇和島の三本杭へ。鹿のコルから歩き始めます… すぐにシコクスミレを見つけます。初めて見るすみれ… 鬼が城山に向かいます。四国の山にもブナが生えています… 普段見ないシハイスミレ。葉の裏が紫なので紫背すみれ… 鬼が城山を越え稜線…